自社開発エンジニアへの転職

SES転職

SESエンジニアから自社開発エンジニアの転職は可能?

SESから自社開発エンジニアへ転職

SES(客先常駐)エンジニアから、自社開発のエンジニアに転職をしたいという方も多いのではないでしょうか?

新卒でSESエンジニアとして働き始めたものの・・・

  • 年収アップしない
  • スキルが身に付いていない気がする
  • 年齢が上がると常駐先が減る(将来性への不安)
  • 職場が転々とする働き方を辞めたい

などの理由から自社開発エンジニアとして転職を希望される方は多いでしょう。

SES(客先常駐)エンジニアから自社開発エンジニアへ転職することは可能です。
実際、多くの20代、30代のSESエンジニアが転職されています。

エンジニアは多くの領域で人手不足の状況ですから、今後のキャリアなども考えてIT業界で仕事を続けていきたい、スキルアップしていきたい、年収アップも目指したいのでしたら、早い時期に転職エージェントを利用して自社開発エンジニアへ転職されることをおすすめします。

SES(客先常駐)から自社開発のエンジニアに転職できる?

結論から書きますと、SES(客先常駐)から自社開発のエンジニアに転職することは可能です。

例えば、IT・WEB業界を専門とするレバテックキャリアのような転職エージェントの活用をして、自社開発エンジニアの転職先を探すことが出来ます。

自社開発エンジニア求人案件、おすすめ転職エージェント

自社製品、自社開発を行っている企業は多く、インフラエンジニア、サーバー、ネットワーク、データベース周り、プログラマー、システムエンジニアなど様々な職種で探すことが出来ます。

求人の中心は東京都となりますが、全国の支社の多い転職エージェントを利用することでお住まいの地域のエンジニア求人を手に入れやすくなります。

対応エリアが広い転職エージェントとして、

  • マイナビエージェント×IT
  • ワークポート

がおすすめです。

IT転職エージェント

業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラス、
⇒ マイナビエージェント×IT

アドバイザーがIT業界に精通している、
⇒ レバテックキャリア

求人数豊富な転職エージェント。ワークポートは、未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。
⇒ ワークポート

IT・Web・ゲーム業界に特化している転職エージェント。
⇒ ギークリー

エンジニア転職に成功するには、年齢が重要です

自社開発エンジニアへの転職を目指す場合、年齢が重要になります。

SESから転職したい、という方の転職理由の一つに「スキルが身に付かない」「経験が積めない」といったこともあると思います。

「客先常駐エンジニア」は特定派遣によって派遣されたエンジニアを指しますので、成果物ではなく労働力を提供するために派遣されています。

そのため、スキルをあまり要しない仕事を担当することが多く、スキルアップできないままに年齢だけ上がる・・・という方も往々にしています。

40代でSESから自社開発エンジニアに転職したい、と考えても厳しいです・・・。

20代なら将来性があります。

まだまだこれからエンジニアとして活躍できる期間も長いですからね。
ポテンシャル採用、伸びしろに期待ということで中途採用してくれる自社開発メインの開発会社も多いと言えます。

人手不足と言われるITエンジニアも、転職をされるのであれば年齢が若い方が有利です。

SES(客先常駐)エンジニアから自社開発エンジニアへの転職に興味がある方は、一度、転職エージェントに相談をされてみることをおすすめいたします。

SESエンジニアが市場価値を知る方法

SESでしか働いたことが無い・・・私でも事業会社、自社開発メインの会社に転職出来るのだろうか?

市場価値がわからない・・・

とずっと迷っていても転職活動はスタートしませんから、まずは一歩、踏み出してみることも大切ではないかな、と思います。

市場価値を知る方法としておすすめなのは、

転職エージェントに相談してみる方法

です。

相談、と書いたのは転職エージェントの活用法として、

「今すぐでは無いけれど、転職に興味がある。どんな転職先があるか知りたい」

といったこともできるためです。

日々、多くのエンジニアの転職をサポートしている転職エージェントを利用して、客観的に転職についてのアドバイスを貰うことが最も確実性が高いといえるのではないでしょうか。

また違う方法として、もし良いと思える開発会社の求人があった場合、思い切って書類を出してみる方法です。

書類審査で落ちる場合には、スキル・経験が不足している可能性が高いです。

ただし、企業によってエンジニアに求めるスキル・経験がはかなり差がありますので、市場価値を知るのは少々難しいことは挙げられます。

転職エージェントを活用されて、アドバイスを貰う方法がおすすめです。

SESエンジニアから自社開発エンジニアに転職するには

SESエンジニアから転職を目指す場合、IT・WEB業界を専門とする転職エージェントを利用されることをおすすめします。

SESはIT業界ならではの働き方といえますので、SESについての知識を持つアドバイザーからでなければ、転職を目指して適切な情報をもらうことは難しいといえるでしょう。

SESエンジニアから事業会社、自社開発・案件が多い開発会社に転職したい場合、おすすめの転職エージェントは先ほどもご紹介しましたが、次のような転職エージェントとなります。

社内開発の会社、自社開発の求人案件も多く見つかる転職エージェントとなりますので、情報収集に便利です。

IT転職エージェント

業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラス、
⇒ マイナビエージェント×IT

アドバイザーがIT業界に精通している、
⇒ レバテックキャリア

求人数豊富な転職エージェント。ワークポートは、未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。
⇒ ワークポート

IT・Web・ゲーム業界に特化している転職エージェント。
⇒ ギークリー

SES求人と自社開発求人の見分け方

転職活動をご自身で行いたい、

⇒ リクナビNEXT

などを利用して、まずは転職サイトを利用して情報収集をしてみる、といった場合ですが、

SES求人と自社開発求人の見分け方

が大切となります。

SES求人もたくさん掲載されています。

特に地方ではSES求人がほとんど、といった場合もありますので注意が必要かと思います。

SESエンジニアを辞めたいのに、またSES会社に転職してしまう・・・といったことは避ける必要があります。
(万が一、という可能性はあるかもです)

自社開発のエンジニア求人を探したい場合、

自社開発

で調べると求人が出てくることも多いです。

自社開発100%

といった求人は、エンジニアならではかもしれません。

念のため、勤務先などもチェックされると良いでしょう。

転職エージェントでも掲載している求人案件を検索できますが、

「自社開発」

「自社内」

「自社案件」

といったような探し方で企業を探すことが出来ます。

ただ、注意点としては、

「SES」「自社開発」

とどちらの事業もやっているIT企業もあるということです。

私が最初に就職した会社は、どちらの事業もやっておりました。

求人だけを見てもなかなか分かりにくいことも多いです。

そのため、業界に詳しい転職エージェントを活用されての転職活動が、やはりおすすめといえます。

⇒ 自社開発エンジニア求人案件、おすすめ転職エージェント

ぜひ、ご活用になってみてください。

-SES転職
-, ,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.