インフラエンジニア フリーランスの年収

ネットワークエンジニア 転職

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収はどれくらいなのでしょうか?

これからネットワークエンジニアに就職・転職を目指す方も多いと思います。

年収アップを目指しているネットワークエンジニアの方もいらっしゃるでしょう。

ネットワークスペシャリスト言われるレベルのエンジニアにまでなった場合の年収についても調査しご紹介しています。

今後もネットワークエンジニアの需要がなくなることは無いと言えますが、需要が高まっているクラウドの知識・スキルを身に付けることも考える必要はあるかもしれません。

クラウドの知識・スキルを身に付けることで年収アップも狙うことが出来ます。

ネットワークエンジニアの平均年収、どれくらい稼げる?

ネットワークエンジニアは需要が高いのに人手不足となっており、平均年収も他のITエンジニア職よりも高い傾向はあります。

転職大手のDODAの調査結果によりますと、

ネットワークエンジニアの平均年収は457万円。

開発系エンジニア、制御系よりも高年収となっています。

DODA ネットワークエンジニア平均年収
(DODAより)

20代のネットワークエンジニアの平均年収は373万円。

30代の平均年収は518万円。

40代の平均年収は602万円。

50代以上の平均年収は674万円。

となっています。

DODAへのご登録はこちら

女性のネットワークエンジニアの年収は物足りない感じはありますね・・・。

ネットワークエンジニアの年収は年齢、経験とともにアップする傾向が強いといえます。

ちなみに、全体で見た時の40代の平均年収は507万円。

50代以上は平均年収622万となっています。

DODA 平均年収
(DODAより)

お子さんがいる方でしたら教育費、住宅ローンなどの支払い等、最もお金が必要な時期に平均以上の年収を稼げるエンジニアが多い、ということになります。

ネットワークスペシャリストの年収

さらに上位、年収アップも期待できるネットワークスペシャリストの資格があります。

ネットワークスペシャリストとなると年収はどうなるのでしょうか。
年収アップも期待できるならスキルアップにもなるし資格取得も目指したい、という方は多いのではないでしょうか。

ネットワークスペシャリストの平均年収に関しては求人情報から見ることになりますが、500万円~800万円の間での求人が見られることが多いです。

ネットワークスペシャリストに関しては資格手当が支給される企業も多いです。
資格手当の金額としては、1万円/月など企業により様々です。

資格取得するだけで一気に年収アップに繋がることはないといえますが、スキルと合わせて転職時にアピールすることで、従来のネットワークエンジニアとして目指すのが難しい年収レベル、年収800万円以上を狙えるとはいえます。

ネットワークスペシャリストの方で年収1000万円以上の待遇で働く方もいらっしゃいます。

大手企業への転職に成功すれば、非常に高額な年収を得られるとはいえるでしょう。

ネットワークエンジニアの年収アップに影響する資格取得

ネットワークエンジニアが年収を上げる方法として、資格取得があります。

例えば、シスコシステムズの資格である、「CCNA」「CCNP」「CCIE」といった資格です。

CCIEの資格取得のネットワークエンジニアは、年収1000万円クラスで転職することも可能な場合も出てきます。

もちろん経験と資格の両方が評価されての年収アップとなりますが、やはり年収1000万というのは働く上での目標金額とはなりますね。

高年収の目標として、モチベーションアップする方も多いのではないでしょうか。

ネットワークエンジニアが年収アップする方法

ネットワークエンジニアが年収アップするためには、いくつかの方法があります。

大手企業への転職

ネットワークエンジニアも上流工程に携わる大手企業に移った方が、高年収を得られることが多いです。

IT業界はピラミッド型で年収が決まってくる傾向が強いですから、年収アップも重視される場合には、やはり大手企業への転職、ということもお考えになる必要はあるでしょう。

大手企業で働く場合には、充実した福利厚生も魅力に感じる方も多いのではないでしょうか。

メガベンチャーへの転職

メガベンチャー企業へ転職することでも、年収アップを狙うことが出来ます。

中小企業と比較して、年収など待遇面は良い企業が多いです。

ネットワークエンジニアを積極的に採用するメガベンチャーもありますので、転職によって年収が100万円以上アップする、といった可能性も。

ただし、メガベンチャーは新しい技術の導入にも積極的な傾向が強いですから、ネットワークエンジニアとしてスキルアップは常に意識して業務にあたる必要はあるでしょう。

技術力向上の意識が強いエンジニアの方にとっては、高待遇でやり甲斐もある職場になる可能性は高いといえそうです。

フリーランスのネットワークエンジニアとして独立

ネットワークエンジニアとして、フリーランスで独立する道もあります。

会社員エンジニアよりも、フリーランスの方が年収は高くなる方は多いです。

フリーランスのネットワークエンジニアも需要は高いです。

フリーランスの単価相場としては、1ヶ月70万円前後となります。
年収800万円ほどは見込めるネットワークエンジニアの方が多いのではないでしょうか。

フリーランスになると社会保険などは自分で支払うことになりますから、手取り金額は会社員の時よりも気をつける必要はあります。

しかし、自分で参画する案件を選べること、自由度の高い働き方ができるなど、フリーランスの働き方には多くの魅力があります。

年収1000万を超える単価のネットワークエンジニア案件もあります。

ネットワークエンジニアは将来性や安定性が見込める仕事

ネットワークエンジニアは育成が難しい職種、といわれており人手不足の状況が続いています。

だからこそ、年齢によって年収アップの割合も他のITエンジニア職も高い、といえるのかもしれません。

今後は市場の伸びがあり需要が確実に高まるクラウドサービスの知識もあると、さらに高年収を得られるネットワークエンジニアとして活躍できるといえるでしょう。

クラウドエンジニアへの転職も視野に入れているエンジニアの方もいらっしゃるかもしれませんね。

いずれにしても、スキルアップしていくことで無くてはならないエンジニアとして、長く活躍できるといえるのではないでしょうか。

転職に興味のある方は、こちらもご覧になってみてください。

⇒ IT系・エンジニア(インフラ)の転職に強いおすすめの転職エージェント

-ネットワークエンジニア 転職
-

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.