インフラエンジニア 大手企業への転職

インフラエンジニア 転職

インフラエンジニア 大手企業への転職

2020年5月11日

インフラエンジニアの転職、大手企業はどう?

インフラエンジニアの転職先として大手企業、中小企業、ベンチャー企業、どこが良いのでしょうか。

大手企業、上場企業のインフラエンジニアとして働きたい、という方もいらっしゃると思います。

転職先の企業規模によってインフラエンジニアの仕事内容や給与など待遇も変わってきます。

エンジニアの仕事は元請け、上流と下請けではかなち異なってきます。
給料も変わってきます。

インフラエンジニアとして大手企業への転職もぜひ検討されてみてはと思います。

インフラエンジニアが大手企業、上場企業へ転職するメリット、得られる年収、待遇など大手企業への転職について情報をまとめています。

インフラエンジニア、大手企業と中小企業の違い

インフラエンジニアの仕事は大手企業と中小企業では違いが出てきます。

インフラエンジニアとして、どういった働き方をしていきたいのか、得たい年収などについても考慮して転職先を検討されることが重要と思います。

プロジェクトの規模

大手企業と中小企業で差が出るのは、やはりプロジェクトの規模といえるでしょう。

インフラエンジニアが関わる業務についての影響もあります。

大手企業のプロジェクトは規模がとにかく大きなものがあり、関わるエンジニアもインフラエンジニア含めて多数となります。

協力会社も複数となり、さまざまなエンジニアが関わることになります。

その結果、エンジニア一人ひとりの担当領域が狭くなる可能性はあります。

管理職となった場合には、利用者も数千万といった想定もあるような、大きなプロジェクトを進めているというやり甲斐も大きいといえるでしょう。

中小企業の場合には、プロジェクト規模は小さくはなりますが、関わるエンジニアの人数が少なくなります。

結果として、一人ひとりの担当領域も増え、裁量も大きくなることが多いです。

中小企業のインフラエンジニアの方が主体性を持って業務に関わることが出来る、ということはいえるでしょう。

隣の芝生は青い、ではないですが大手企業で働いてきたインフラエンジニアはもっと自分の裁量が大きな中小企業へ転職したい、中小企業で働いてきたインフラエンジニアはもっと大きなプロジェクトに携わりたい、待遇の良い大手に転職したい、と考える方は多いようです。

大手と中小、インフラエンジニアの業務内容

大手企業は業務内容として、ディレクションが多い傾向があります。

中小企業でのインフラエンジニアの業務内容は、プログラミングも多くなる傾向があります。

また中小企業での仕事は、要件定義から設計、構築、テスト、運用保守まで一人で様々な工程に関わることも多くなりますので、様々な経験を積むことが出来ます。

インフラエンジニアとして、技術・スキルを伸ばすには中小企業の方が適していると感じる方は多いのではないでしょうか。

ただ、仕事を覚える上で周りに優秀なシニアエンジニアなどがいることも大切なポイントです。

年収・福利厚生・退職金などは大手企業の方が手厚い

年収に関しては、他の業界・職種でも同様なことが言われますが、大手企業ほど高年収、福利厚生も手厚くなります。

仕事内容も大切、でも家族もいるし生活のために今よりも高年収であることにもこだわりたい、家族手当、積み立て、有給取得や介護休暇などそういった部分も重視したい、といった場合には大手企業への転職が有利でしょう。

中小企業の中には、人手不足の状況が強かったり、経営者の考え方から有給休暇の取得や産休・育休の取得が難しい企業もあります。

福利厚生の充実を優先したい場合には、やはり大手企業がおすすめとなります。

退職金などについても、大手企業と中小企業、ベンチャー企業では差が出るといえますね。

中小企業、ベンチャー企業の中には、退職金が無いところもあります。

今回、転職したらその企業に長く勤めるつもりである場合には、退職金などの規定についても、インフラエンジニア求人をお調べになる際にしっかりと確認されておく必要はあるでしょう。

自分で調べるのは忙しくてちょっと・・・といった場合には、転職エージェント経由で代わりに企業に給与、待遇面について確認してもらう方法が良いでしょう。

大手企業への転職は、インフラエンジニアのスキルアップになる?

大手企業ほど、優秀なエンジニアが多いことは確かといえます。

中途採用で経験豊富、実績のあるエンジニアが転職してくることも多いからです。

そうした優秀なエンジニアが多い、大手企業へスキルアップのために転職を目指しているインフラエンジニアの方もいらっしゃると思います。

関わるプロジェクトも大手企業の方が規模が大きくなるのも魅力に感じている方も多いでしょう。

しかし、転職後の仕事内容、関わる領域に関しては企業によって様々です。

確かにエンジニア一人ひとりは優秀であっても、独立性が高く、分からないことは自分で調べてなんとかすることが求められる職場も多いです。

また担当できる領域が狭くなる分、スキルアップが難しくなった・・・と感じるケースもあるようです。

逆に面倒見が良いエンジニアがいたり、切磋琢磨する社風の企業もあるでしょう。
情報収集が大切となります。

大手企業だから転職することによって希望条件が叶う、といったことはありません。

大手企業への転職を検討される場合も、インフラエンジニアとして今後のキャリアパスも含めてしっかりと情報収集されることが大切となります。

大手・上場企業のインフラエンジニア求人を見つけるには

記事の終わりで改めて詳しくご紹介させていただいていますが、大手企業のインフラエンジニア求人、転職を目指す場合におすすめの転職エージェントをごしょうかいします。

情報収集には、IT求人に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

中でも、大手企業との取引が多くなる大手転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを活用されることで、転職後のインフラエンジニアの仕事内容、採用で求めらる経験・スキル、年収、福利厚生など待遇面について詳しく知ることが出来ます。

当サイトでは、インフラエンジニアにおすすめの転職エージェントとして、

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ レバテックキャリア

⇒ ワークポート

をご紹介しています。

マイナビエージェント×ITは大手エージェントとして、大手企業との取引も多く、情報収集におすすめです。

レバテックキャリアもエンジニア特化の大手エージェントとなります。
様々な規模の企業からのインフラエンジニア求人を探すことが出来ます。

ワークポートも昔からIT・WEB業界に強く大手~ベンチャーまで様々な企業のインフラエンジニア求人を探すことが可能です。

大手SIer、大手企業

大手への転職、といっても大手Slerを目指すのか、大手事業会社への転職を目指すのか、といった方向性はお持ちになる必要はあるといえるでしょう。

大手Slerとしては、

  • NTTデータ
  • NTTコミュニケーションズ
  • 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)
  • 野村総研(NRI)
  • 日立製作所
  • 日立システムズ
  • 富士通
  • NEC
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • ネットワンシステムズ
  • 大塚商会

などがあります。

外資系SIerとしては、

  • 日本HP
  • Cisco
  • アクセンチュア
  • IBM
  • 日本オラクル

などがあります。

就活生からの人気が高いSIer企業としても名前を見ることが多い企業も多数あります。

高年収を狙うのであれば外資系SIerといえるでしょうか。

大手Slerにもユーザー系、メーカー系、独立系、コンサル系など分かれてきますから、やりたい仕事に合わせて転職先を検討される事も大切になってきますね。

大手の事業会社でもインフラエンジニアを募集している企業は多いです。

  • ソフトバンク
  • 楽天
  • ヤフージャパン
  • ディー・エヌ・エー
  • GMOグループ
  • ソニー

など。
様々な大手、上場企業がインフラエンジニアを自社で募集を行っていることがあります。
大手グループ企業の子会社という選択肢もあります。

エージェントを利用する様々な企業のインフラエンジニア求人についての情報をえることが出来ます。

仕事内容や待遇も異なりますし、応募可能なスキル・経験についても考慮することが必要と鳴ってきます。

大手と中小企業のインフラエンジニア求人を比較した時、差を感じるのは給料・年収などの待遇です。

大手企業のインフラエンジニアは、年収が高い傾向があります。

中小企業のインフラエンジニアは、やはり年収が物足りないことが多いです。

転職する企業の規模によって、100万円近く年収差が発生すること可能性もあります。

企業の安定感も違います。

エンジニア業界も決して企業の倒産、買収などとは無縁ではありません。

私も昔勤めていた企業の支社が閉鎖されました。
今はかなり規模を縮小して事業を続けているようです。

2社目の企業は倒産していました。

転職するなら大手、というのは経営の安定性を考えるととても大切かと思います。

ただ、エンジニアとして技術を身に付けていれば、次の転職先は見つかりやすいのも事実ではあります。

大手上場企業のインフラエンジニア待遇、高給与・高年収

インフラエンジニアで年収1000万円を目指したい、となると重要なのは企業選びです。

大手企業への転職は必須となるといって良いのではないでしょうか。
特に外資系大手企業です。

もしくはフリーランスインフラエンジニアの選択肢です。

中小企業で年収1000万を超えるインフラエンジニア、というのはなかなか聞いた事がありません。

インフラエンジニアが大手企業で働く魅力の一つは、待遇の良さとなります。
上流にある会社ほど高待遇、給料が高くなるといえます。

生活も考えて、給与、待遇面はとても重要です。

中小企業のインフラエンジニアとしてスキルを身に付けたら、大手企業のインフラエンジニアへの転職を目指す、キャリアプランはおすすめです。

大手企業への転職は簡単ではありませんが、待遇の良さ、プロジェクトの規模の大きさ、要件定義など上流工程が主となる業務など転職に関してメリットを感じる部分も多いのではないでしょうか。

もちろんスペシャリストとしてやっていきたい方は、大手企業に転職するデメリットもありますので、高年収のインフラエンジニア求人を規模問わず、エージェントから紹介を受けることをおすすめします。

待遇に関して、給与交渉も代わりに行ってもらうことも出来ます。

転職のタイミングは年収アップのチャンスでもあります。

待遇面の不満も抱えているために転職を考え始めるインフラエンジニアの方は、ぜひ転職のタイミングで年収アップできるように動かれてみてはいかがでしょうか。

今後、需要が伸びることが確実なクラウドのスキルがあるインフラエンジニアは高待遇の求人が多い状況です。

インフラエンジニア 転職の注意点

インフラエンジニアの方が転職する際、注意したいポイントがいくつかあります。

スキルを活かせる転職先かどうか

インフラエンジニアとしてキャリアを積んだ後、大手企業へ転職を目指す場合、大切なのはそれまでに身に付けた自分のスキルが活かせるか環境かどうかです。

転職先によっては、協力会社の管理や設計などがメインとなりますから、現場作業はしなくなります。

スキルアップを常に考えていたいエンジニアの方にとっては、大手への転職は必ずしも良い結果にはならないといえます。

せっかく長い年月をかけて身に付けたスキルを活かす場がないのであれば・・・と躊躇される方もいるかもしれません。

逆に、転職してからもスキルが活かせるのであしたら、その後も高い評価を得やすく活躍しやすいのではないでしょうか。

評価によって、さらに高年収となっていく可能性もあります。

スキルを活かせない場合、評価もなかなかされません。
その結果、年収もすぐに伸び悩み・・・と不満を抱える可能性すらあります。

転職後にそれまでのスキルが活かせるのかどうか、これからはゼネラリストでいくのか、やはりスペシャリストとして経験を積んでいきたいのか。

こうした点については、事前に明確にしておかれる必要はあるでしょう。

インフラエンジニアとしてのキャリアが転職後も活用出来るかどうか。
企業の詳しい情報を持つ転職エージェントを通して確認される方法がおすすめです。

インフラエンジニアの転職で大手企業、大手SIerの求人を見つけやすい転職エージェント

記事の終わりとして、大手企業や大手SIerのインフラエンジニア求人を探しやすい、情報を得やすいおすすめ転職エージェントをご紹介いたします。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントIT

大手、上場企業からベンチャー企業まで、様々な企業のエンジニア求人を扱っているのがマイナビエージェント×ITです。

グループとしても様々な企業とのパイプがあり大手企業などの情報収集には適しているといって良いでしょう。
大手転職エージェントならではの求人数は利用する大きなメリットです。

マイナビエージェント×ITは、大手企業、上場企業のインフラエンジニア求人、優良企業の求人についての情報収集がしやすくおすすめです。

大手企業からベンチャー企業まで。

インフラエンジニアを含め、幅広いITエンジニア求人を取り扱っているのが強みの転職エージェントです。

⇒ マイナビエージェント×IT 詳細はこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Webエンジニア特化型の転職エージェント。

大手、上場企業のインフラエンジニア求人も取り合いがあります。

年収アップに成功事例も多数。
年収アップを狙いたい方はぜひ相談されてみてはいかがでしょうか。

レバテックキャリアの活用をおすすめする理由は、キャリアアドバイザーが技術に強いこともあります。

特化型の転職エージェントとしておすすめです。

⇒ レバテックキャリア 詳細はこちら

-インフラエンジニア 転職
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.