インフラエンジニア 転職 年齢

未経験から転職

未経験 インフラエンジニアへ転職 年齢の限界

インフラエンジニアへの転職で重要なのは年齢?

未経験でインフラエンジニアに転職したい、という方もいらっしゃると思います。

フリーターやニート、異業種からインフラエンジニアへ転職を目指している方も多いのではないでしょうか。

ITエンジニアは将来性がありますし、手に職をつけられるということから職業として興味を持った、という方も多いのではないでしょうか。

正社員として働くにしても、安定して働くことが出来る職種が良い、といったことからエンジニアの仕事に興味を持つ方も多いと思います。

その中でもITインフラを設計、構築、運用、保守するインフラエンジニアは人手不足もあり、未経験OKの求人も多く転職を目指しやすいといえます。

ただし、インフラエンジニアへの転職を考える場合、年齢はとても重要です。

未経験でインフラエンジニアへの転職、年齢の限界は何歳なのでしょうか。

この記事では、未経験でインフラエンジニアへの転職する時の年齢、求人の探し方についてご紹介しています。

未経験でインフラエンジニアへ転職、年齢について

未経験からインフラエンジニアへ転職を目指す場合、気になるのは年齢、という方も多いのではないでしょうか。

IT業界の将来性の高さに惹かれ、その中でもインフラエンジニアとして転職を目指す場合、年齢の高さから迷っている方もいるかもしれません。

未経験でインフラエンジニアへの転職を目指す場合、30代であればIT業界未経験者の方も転職に成功している事例はあるそうです。
年齢も考慮して、転職するにあたり努力は必要となります。

年齢としては35歳以下であれば応募可能な求人は意外と見つかることがあります。

40代になると、やはり未経験からのエンジニア転職はかなり難しくなると考えた方が良いようです。

40代となるとマネージャーや管理職としての活躍が期待される年代です。

もしそうした部下のマネジメントが期待されるような年齢の未経験新人エンジニアが中途採用で入社してきたとしたら・・・非常にやりにくいと感じる企業は多いでしょう。

また教育コストを考えても、40代という年齢的に、どこまで自分を採用するメリットをアピールできるかも不透明です。

未経験からインフラエンジニアへの転職を考えた場合、現実的には35歳前後、スクールなどで知識・スキルを身に付けていれば30代後半でギリギリ限界、といっても良いのではないでしょうか。

もちろん、努力をしても転職先が決まらない可能性もあるでしょう。

未経験でインフラエンジニアへ転職を目指すなら30代まで

多くの転職事例を調べてみると、30代までは未経験でインフラエンジニアに転職することは可能です。

35歳以下であれば、未経験であっても熱意やスキル次第で採用してくれる企業は見つかる可能性は高いでしょう。

もし本気でインフラエンジニアへの転職を目指したいのでしたら、早く行動される事をおすすめします。
1歳でも若い方が、未経験出の転職には有利になります。

30代よりは20代の方が転職は確実に有利といえます。

20代後半のフリーターやニート、といった方、異業種転職を狙っている方もいると思いますが、年齢的には十分に可能な年齢です。

もし、20代でインフラエンジニアへの転職を目指しているのでしたら、ぜひ転職サイト、IT業界を得意とする転職エージェントを利用して、未経験OKのインフラエンジニア求人をお探しになってみてください。

求人サイトであれば、

⇒ リクナビNEXT

転職エージェントであれば、未経験者の転職サポートにも強い、

⇒ ワークポート

などの利用をおすすめします。

20代は未経験でインフラエンジニアへ転職しやすい年齢

20代はポテンシャル採用を狙えるため、IT業界へ未経験でも転職しやすい年齢といって良いでしょう。

ただし、企業によっては未経験者を採用する年齢を27歳まで、といったように決めているケースもありますので20代後半の方は転職活動に苦労する可能性もあります。

しかし、転職を諦めなければ未経験からでもインフラエンジニアへの転職は目指せるといえます。

転職成功の可能性を高めるには、インフラエンジニアに必要な知識・スキルを身に付けることが有効です。

転職支援などがあるスクールを利用する、といった方法もあります。

⇒ 【ウズウズカレッジ】

には、

「インフラエンジニアコース」

「プログラマーコース」

の2つがあります。

完全無料で学び、就職・転職を目指すことが出来ます。

他にも、こうしたスクールは複数ありますので、自宅から近いスクールなどを選ばれると良いでしょう。

全くのエンジニア未経験の方であれば、IT業界に特化した転職エージェントからは敬遠される事が多いです。

そのため、上記のようなスクールなどを利用してあらかじめ知識・スキルを身に付けるとった方法、もしくは、

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

など、未経験者の就職・転職に特化したエージェントの利用もおすすめです。

インフラエンジニア求人の取り扱いも意外とあります。

30代、未経験からインフラエンジニアへ転職を目指す場合

30代、未経験、となるとやはり転職にあたっては知識・スキルがないと難しくなってきます。

できれば資格を取得されていると良いです。

ネットワーク系の資格である「CCNA」、サーバー系の資格である「LPIC Level1」などを取得されることを目標にされてみてはいかがでしょうか。

取得していると評価される資格となります。

ITエンジニアスクールで学ぶ方法もおすすめです。

年齢を考えると、有料で本気で学ぶスクールの方が良いのでは、と思います。

大抵は転職支援もありますので、事前に年齢的に未経験からインフラエンジニアへの転職は可能かどうか、事例に関しての問い合わせなどされると安心ではないでしょうか。

⇒ 【完全無料のインフラ学習スクール】GEEK JOB インフラコース

⇒ 最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

など、他にも多数のスクールがありますので情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

エンジニアを採用する企業としても、全くの未経験者が「やる気」だけをアピールするよりも、「スキル、知識」を身に付けたことをアピールしてくれた方が中途採用はしやすいでしょう。

スクールなどで学んだ事実はインフラエンジニアになりたい、という本気の熱意をアピールする点でも有効です。

エンジニア未経験でもインフラエンジニアへ転職できる?

エンジニア未経験からインフラエンジニアへの転職は可能です。

人手不足の状況が急激に改善されるとは考えにくく、引き続き採用需要は高いといえるでしょう。

年齢によっては全くの未経験者であっても中途採用してもらえる企業はあるでしょう。

しかし、転職先が決まるまで時間がかかる可能性があります。

より転職成功の可能性を高くするためには、インフラエンジニアの知識・スキルを身に付けてから転職活動をする方法がおすすめです。

IT業界の知識が全く無い、という未経験者の方はIT業界に関して知るという意味でもITパスポートの取得をおすすめします。

特におすすめなのはサーバー・ネットワークに関する資格を取得することです。

サーバー系資格として、LPIC level1があります。

LPIC level1は未経験者の方でも取得出来るレベルの資格試験となっています。

ネットワーク系資格として、CCNAがあります。

CCNA取得のメリットは、ネットワーク全般の知識が身に付くという点です。
インフラエンジニア未経験の転職にも効果を発揮しますので、本気でインフラエンジニアへ転職を目指す方は、ぜひCCNAの取得のための学習をスタートしてみてはいかがでしょうか。

未経験からインフラエンジニアへの転職を目指すために、もし1回で取得出来なかったとしても、ネットワークの知識が身に付くことは転職に好影響を与えるでしょう。

未経験者採用、需要の多いインフラエンジニア職

インフラエンジニアはITインフラの設計・構築、テスト、運用保守などを行う仕事です。

ITインフラを正常に保つために、欠かせないエンジニアです。

SNSも利用者が多く、どんどん発展していますね。

同時に世界で新しいサービスもどんどん生まれています。

現在はインターネットは常時接続されていて当たり前です。
Iot、生活の中でどんどんネットで繋がるものが増えています。

そうしたIT社会を支えるのがインフラエンジニアとなります。

人手不足の状況が急激に改善されるとは思えませんから、引き続き、未経験者も含めて採用の需要は高いことが考えられます。

ITエンジニア職の中では、インフラエンジニアは未経験でも転職しやすい職種といえます。

IT業界は慢性的に人手不足、今後もその状況は続きそうですからインフラエンジニアも未経験から転職しやすい状況は続いていくと考えられます。

未経験でインフラエンジニアに転職するためのポイント、まとめ

未経験でインフラエンジニアへ転職するためのポイントについて、まとめたいと思います。

未経験からインフラエンジニアに転職するには、どういったことを準備すると転職成功につなげていくことが出来るでしょうか。

未経験でインフラエンジニアへ転職する時の年齢

20代は体力もあり、未経験からであっても知識・スキルを身に付けて活躍出来る期間も長いので、採用の需要は高いです。

未経験でインフラエンジニアへ転職 年齢の限界は知識・スキルを身に付けていれば、30代後半まで可能な方もいます。

40代は厳しいといえます。

ITの知識が全く無い場合

未経験からインフラエンジニアへの転職では、資格があった方が確実に有利になります。

その場合、まずはITパスポートの資格取得を目指すのもおすすめです。

ITパスポートは、

「ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験」

となります。

まったくのIT業界初心者から転職を目指す際、おすすめの資格です。

サーバー・ネットワークに関する資格取得を目指す

インフラエンジニアへの転職を目指すのですから、業務に関連した資格取得も目指しましょう。

資格を持っていると客観的な評価に繋がりますから、転職はかなり成功しやすくなります。

ネットワーク系の資格では「CCNA」。

サーバー系の資格では「LPIC Level1」などの取得がおすすめです。

CCNAは未経験からインフラエンジニアへ転職の際に評価される資格となります。

インフラエンジニアへの転職は年齢とスキルが重要

未経験でインフラエンジニアに転職するには、年齢がまず重要といえます。

IT業界への転職は、27歳くらいまでは未経験者歓迎の求人がインフラエンジニアに限らずに見つけやすいです。

20代は年齢によっては資格取得しなくても、未経験での転職は可能です。

特にインフラエンジニアは最初は夜勤も多いため、体力勝負な面も大きいですから、若いことはそれだけで有利といえます。

またエンジニアは勉強が常に必要な職種です。

オンプレミスがメインの会社であっても、今後はクラウドが出来るエンジニアがいた方が発展があります。

入社前にどれだけ自身でも独学で勉強したか、資格取得したかなど、転職のために準備をしているかをアピールすれば、評価してくれる採用担当者は多いでしょう。

未経験から転職を目指す際、資格はやはり大きなアピールとなります。

特に年齢的に未経験からの転職が難しくなってくる30代の求職者の方は、資格取得も検討してみてはと思います。

資格取得することで年齢が少々が高くても、

「本気でインフラエンジニアになりたい」

という熱意を面接官に伝えることにもなります。

インフラエンジニアは将来性のある仕事であり、未経験から転職を目指しやすい職種です。

-未経験から転職
-,

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.