インフラエンジニア 転職エージェント

インフラエンジニアの転職に強い、インフラエンジニア求人が多い転職エージェントのおすすめをご紹介しています。

インフラエンジニアとして今後のキャリアパスを考えて、転職を検討しているという方も多いのではないでしょうか。

エンジニアの方の転職理由として多いのは、キャリア形成となります。
他には、働く環境、職場環境を変えたいといったエンジニアの方も多いのではないでしょうか。
ご家族の事情などで労働環境を変えたいエンジニアの方も多いかもしれません。

転職のタイミングで年収アップも狙いたいという方も多いでしょう。

今までの会社での年収が低い、と感じている場合にはスキルに応じてとなりますが年収アップに成功する可能性が高いです。

インフラエンジニアの転職ではこうした目的に合わせ、転職を成功させるためにしっかりと専門知識を持ち、インフラエンジニア求人を多く保有する転職エージェントを活用されることが大切となります。

そこで活用して頂きたいインフラエンジニアの転職に強い、インフラエンジニア求人が多い転職エージェントのおすすめをご紹介いたします。

IT系・エンジニア(インフラ)の転職に強いおすすめの転職エージェント

インフラエンジニアの転職活動には、IT系・エンジニアに特化した転職エージェントの活用がおすすめです。

その理由としては、転職サポートをしてくれるアドバイザーやコンサルタントが技術に詳しい人が多いためです。

インフラエンジニアの転職に限りませんが、エンジニアの転職では技術志向や働き方、転職先で希望する仕事内容、経験を積める開発技術、言語などがとても大切になってきますよね。

そうしたエンジニアの話が理解できるアドバイザーが多いのが、エンジニア特化型転職エージェントとなります。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界・エンジニア転職では最大手のエージェントとなります。

約6,000件以上の求人を保有し、インフラエンジニア求人も500件~といった求人数となります。(求人数は時期によって増減します)

レバテックキャリアをおすすめする大きな理由は、キャリアアドバイザーが技術に強いということです。

レバテックキャリアの転職支援を利用したエンジニアの方の口コミ・評判には、

「アドバイザーの質が高い、技術に対して知識がある」

ということが多く見られます。

また年収アップの転職に成功されるエンジニアも多いことも特徴として挙げられます。

レバテックキャリアの対応エリアは、

関東の1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)と大阪・兵庫・京都・福岡

となります。

  • 初めての転職、何から始めればいいかわからない
  • キャリアアップの可能性を知りたい
  • ハイクラス、ハイレベル企業を目指したい
  • 書類選考、面接対策、自己PRの仕方を相談したい
  • 業界の動向と転職のタイミングが知りたい
  • フリーランスから正社員になりたい

といった方も気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。

⇒ レバテックキャリア 詳細はこちら

マイナビエージェント×IT

転職大手、マイナビグループの中でも、IT・WEB業界のエンジニアの転職に特化したマイナビエージェント×IT。

マイナビエージェント×ITの特徴は、なんといっても豊富な求人数です。
非公開求人も非常に多いです。

インフラエンジニアに絞り込んで求人を調べてみたところ、

公開求人約1,200件

それに加えて、非公開求人1,200件

といったようにマイナビエージェント×ITには業界トップクラスのインフラエンジニア求人があります。
(求人数は時期によって増減します)

大手からベンチャーまで、様々なインフラエンジニアの転職先企業を探すことが出来ます。

マイナビエージェント×ITの拠点は、

  • 東京(京橋)
  • 新宿
  • 横浜
  • 札幌
  • 仙台
  • 静岡
  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

にあり、全国IT求人をカバーしています。
(拠点の情報は、2020年5月1日時点です)

ただ、やはり求人の中心は東京都となります。

⇒ マイナビエージェント×IT 詳細はこちら

ギークリー

ギークリー(Geekly)はIT・ウェブ・ゲーム業界に特化した転職エージェント。

インフラ系求人も豊富に保有しています。
非公開求人も豊富となりますので、具体的なインフラエンジニア求人には関しては、ご登録後に詳細をご確認されることをおすすめします。

ギークリーは転職決定までのスピード感が他社と比べて早いことも特徴です。
登録から1ヶ月程度で内定決定されたエンジニアの方の事例もあるそうです。

事情があり早く転職先を決めたい時などにも相談されてみてはと思います。

⇒ ギークリー 詳細はこちら

ワークポート

今は総合転職エージェントとなっていますが、ワークポートは元々はIT・WEB・ゲーム業界を専門としていた転職エージェントです。

そのため、今でもITエンジニア求人には非常に強く、インフラエンジニア求人に関しても上記でご紹介したエージェントと遜色ない求人数となっています。

また、ワークポートが保有する求人情報の約70~95%が、どこにも載っていない完全非公開の求人となります。

ワークポートは拠点数も多く、

  • 東京
  • 埼玉
  • 横浜
  • 千葉
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 神戸
  • 岡山
  • 広島
  • 福岡
  • 札幌

とあります。
(拠点の情報は、2020年5月1日時点です)

中には複数拠点があるエリアもあります。

⇒ ワークポート 詳細はこちら

リクルートエージェント

知名度はトップクラスといって良い最大手転職エージェント、リクルートエージェントです。

総合転職エージェントですが、業界ごとに専任のコンサルタントを配し、ITエンジニア求人に関して求人数は業界トップクラスとなっています。

インフラエンジニア求人数も業界トップといって良いでしょう。

リクルートエージェントのサイト上で探すことが出来る公開求人(約3,000件)に加えて、非公開求人もあります。

リクルートエージェントには様々な業種・職種に精通したキャリアアドバイザーがいます。
元SE、エンジニアのアドバイザーも多数在籍しており、しっかりと転職サポートしてもらえるでしょう。

業界最大級の求人数から様々な選択肢で転職先を探すことが可能です。

⇒ リクルートエージェント 詳細はこちら

インフラエンジニアの転職、おすすめの方法

転職エージェントは総合型、特化型に分かれます。

インフラエンジニアとしてキャリアを活かした転職をされるのでしたら、やはり利用をおすすめしたいのは特化型転職エージェントです。

・総合型(リクルートエージェント/DODAなど)

・特化型(レバテックキャリア/ギークリー/ワークポートなど)

となります。

それぞれ独自の非公開求人を保有していますし、求人紹介のスピード感や担当してくれたコンサルタントの質を比較したりするためにも、2社程度のエージェント利用がおすすめです。

転職エージェント(というよりも担当アドバイザー)によって転職活動の進み方も変わってきます。

相性が合わないといった問題も発生することがありますので、2~3社は利用されることをおすすめします。

ただ3社、4社と多くの転職エージェントを利用してしまうと、コンサルタントとのやり取りが大変になります。

求人は多く得られますが、あまりおすすめはできません。

インフラエンジニアの転職

インフラエンジニアの転職で重要なのは、やはり求人が豊富な転職エージェントを利用することといえるでしょう。

多忙な方も多いと思います。

転職は基本的に在職しながら転職先を探すことが経済的にもメリットが大きいですからね。

転職エージェントを利用した場合、求人探し、履歴書・職務経歴書、スキルシート作成、面接対策、日程調整、給与・待遇交渉、入社日調整など、転職活動で面倒なことを様々代行して貰うことができるメリットもあります。

第三者を利用して転職活動をすることで、外部の力を利用して転職活動を進めて行きやすくなる、というメリットもありますね。

大手企業への転職におすすめ、インフラエンジニア転職エージェント

転職先に大手企業を希望されているインフラエンジニアの方もいらっしゃると思います。

大手企業のインフラエンジニアとして働く魅力は、

・プロジェクト規模
・上流工程に関われる
・年収が高い(高待遇)
・ホワイト企業、優良企業が多い

などが挙げられます。

インフラエンジニアが激務になるかどうかは、会社選びに大きく影響されます。
中小企業のインフラエンジニアは、ブラックな働き方になることもしばしば、といった方も多いでしょう。

大手企業だから絶対に働きやすい、といったことは言えませんが(トラブルが頻発すればやはり大変です)少なくとも、残業時間削減などに全社的に取り組んでいる大手企業も多いですから、働きやすさはあるといえます。

ご紹介しているインフラエンジニアおすすめ転職エージェントを利用して情報収集することで、転職に興味を持った大手企業での働き方、プロジェクト規模、年収など待遇、キャリアなどについて、詳しく情報を得て求人への応募を考えることが出来ます。

大手企業のインフラエンジニア求人について、情報を得やすい転職エージェントとしては、

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ レバテックキャリア

⇒ リクルートエージェント

などがおすすめです。

インフラエンジニアの転職は、技術に詳しいアドバイザーやコンサルタントがいる転職エージェントの活用を

インフラエンジニアの転職は、やはり技術に詳しいアドバイザーやコンサルタントがいる転職エージェントの活用される方法がおすすめです。

インフラエンジニアの今後は、クラウドを避けて通れませんから、こうしたクラウドサービスについても需要がある技術、言語などのアドバイスが貰えるようなところが良いですよね。

上記でご紹介したような転職エージェントであれば、アドバイザーやコンサルタントは専門的な知識を備えているという評価が多いですから、的外れな求人の紹介になる、といったことは無いと考えられます。

今後のキャリアパスを決定づけるような重要な転職となるエンジニアの方もいらっしゃると思います。

転職理由、転職先の希望をしっかりと理解してもらい、サポートしてもらえるように特化型の転職エージェントをできれば利用されることをおすすめいたします。

大手SIer、中小SIer、一般企業とインフラエンジニアの転職先といっても様々です。

将来的にフリーランスを目指したいので、必要なスキルを身に付けられる会社に転職したい。

逆にフリーランスから正社員のインフラエンジニアとして転職したい。

フルスタックエンジニアとして転職したい、など様々な希望があると思います。

そのためには求人数が多く、様々な条件で転職先を探せる、

⇒ レバテックキャリア

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ ワークポート

といった転職エージェントが便利です。

インフラエンジニアの転職を有利に進めるために、転職エージェントの活用をおすすめいたします。

Copyright© インフラエンジニア 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.